喪女の脱皮 ぷたろう子上京日記

アラサー、喪女、無職なのに上京… もっさりぷたろう子の喪女を脱して綺麗になるブログ

人の声に癒される

上京してから何が辛いかと言うと、誰も知り合いがいないということです。

都心に出るとものすごい数の人がいるのに、誰も知らない、私を知っている人もいない。

これがどんなに寂しいかが身にしみて分かりました。

頭では分かっていたけど心では理解していなかった。

心にダイレクトに響いたね…!

 

地元では、どこに行っても知り合いに会う環境がストレスになっていたのに、いざ離れてみると寂しくなるという…(戻りたいわけではないけど)

合コンやら夜のバーやらに行けばその場かぎりの出会いもあるかもしれないけれど、そういうのでは癒されない。

自分の本音を話しても引かれたり離れたりしない、深いところまで話せるような友人や彼氏が欲しい。

人が幸せを感じるためには、自分がそこにいることを受け入れてくれる場所や人の存在が必要なんだなと分かりました。

そういう関係はすぐに築けるわけではないから、同じ人に何回も会って少しずつ知っていける環境が必要なんだろうな。

 

とりあえず、人の声がない家に帰りたくなくて寂しくて、テレビを買いました。

テレビはあんまり見ないしいらないかなーと思っていたけど、間違っていたわ…!!

人の声が聞こえるって安心する!!!!!!

癒される!!

それから家にいる時はつけっぱなしに…

テレビのおかげで寂しさが少し減りました。

でも、テレビを見ているだけでは知り合いが増える訳ではない!

まずは行動範囲を広げる!

そして少しずつ知ってる人ができるといいな。